グリーンワークスへようこそ!

このホームページでは、自然の楽しみ方や絵本が生まれるアトリエの様子を紹介していきます。 「お気に入り」に登録して、観察会やイラスト展などのイベント情報をチェックしよう!

ランキング

Facebook

FaceBook

つぶやき

お問合せ

お問合せはこちらよりお願いします。

キーワードから検索

ぴょーん


単行本: 37ページ
出版社: ポプラ社 (2000/6/1)
ISBN-10: 459106476X
ISBN-13: 978-4591064764
発売日: 2000/6/1
商品の寸法: 15.2 x 14.8 x 1 cm
価格:780円(税込 819 円)
本の購入はこちら
その他の絵本の情報はこちらにもございます。

「かえるが・・・ぴょーん」「いぬがぴよよよーん」「こねこが・・・ぴょーん」
ページをめくるとつぎつぎにいろいろな動物がジャンプ!
おひさにのせたあかちゃんもいっしょにジャンプ!
ぴょーんとはねる方向と同じように、縦に開く展開がユニークです。
はじめての絵本として愛されて、2010年で10年目をむかえるロングセラー絵本です。

○内容紹介
ページをめくるたびにいろんないきものが、「ぴょーん」とはねる楽しい絵本です。
小さなお子さまに読んであげると、いっしょになってとんでしまうという、たのしいご報告をたくさんいただいています。

○編集部より
科学絵本の第一人者・松岡達英先生が、小さなお子さまたちのために、
贈るシリーズの1巻目です。
ユーモラスな仕草が、楽しいイラストですが、いきものたちのフォルムは正確。
楽しみながら、科学への視点がひらける良書です。

パパが読むべし!
カエルさんやネコちゃんやバッタさんがとにかく己を捨てて、激しく勢いよく思い切り跳ぶ、跳ぶ、跳ぶ!
単純ですが爽快な絵本です。
うちの子の場合、まず、登場人物(動物?)の素晴らしい跳びっぷりにガーンと引きつけられていましたが、絵本が終わると「もう終わっちゃった…つまらない」というような顔になっていました。
ところがある時、パパにこの本を読んでもらい、パパが茶目っ気を出して、絵本を読み終わると同時に娘を抱っこして「ぴょーん」のかけ声と共に高い高いすると、もう大受け。
以後「ぴょーん」を読む際には必ずラストに娘を高い高いすることになりました。
是非パパに読んでもらって「高い高い」もしてもらって下さい。
(いのいのさん 30代・東京都品川区  女1歳5ヶ月)